車 ネット査定

下取り価格より10万円以上高く車を売りたい方へ

実は車を高く売るのに車の知識も交渉力も一切不要なのです!

 

少しでも高く売りたいならネットから複数の買取店へ一括査定依頼し、
それぞれの提示額を比べてを選ぶだけです!

 

ネット査定なら、なぜ車を高く売れるのか?

ネット査定で複数の買取店へ査定依頼するだけで下取りより数万円〜数十万円も高くなったという話は珍しいことではありません。

 

その理由は簡単。

 

皆さんもご存知のガリバーやカーチスなど大手買取店から中小の買取がオークション形式で競い合うため買取価格がつりあがるからです。

 

つまり今欲しい買取店が欲しい金額で車を買い取ろうとするので高い査定が提示される訳です。

 

 

車の乗り換え、買い替えなど買取店やディーラーで査定する前に、車のネット査定お済ですか?

 

もし、まだオンラインで査定していなのであれば、あなたは車の買取相場価格より低い金額で売ってしまい、とても損をしてしまう可能性があります。

 

あなたの車の正当な価値を知っておくことも大事ですが、買取店によっては廃車寸前の車でも部品が必要などの理由で高く買い取ることがあります。

 

まずは一回の申込みで数社の買取店へ査定依頼できるオンライン一括査定をしてみましょう!

 

複数社の査定金額をじっくり比較して一番高く売れる買取業者を見つけて下さい。

 

 

 

わずか3分の入力で10万円以上アップも当たり前!!

 

下取りと買取の違いは知ってますよね?

これから車を売りたいという場合、ほとんどの方は「買取り」または「下取り」をすることになります。

 

下取り

下取りとは車を新たに買い替えする際にディーラーなどに売却しその査定金額分を値引いてもらう方法です。

 

下取りのメリット

車を購入する手続きと、手放す手続きを同じ販売店で行うため、手間が省ける。

 

下取りのデメリット

ディーラーによる一社選定の査定のため最高額で売れる可能性が低い。

 

買取り

買取りは車をお住まいのエリアにある買取専門店で直接査定してもらい買取ってもらう方法です。

 

買取りのメリット

各買取店によって査定額の相場は異なり、それぞれ提示された金額の中から一番高い査定額を提示してくれたところで手放すことができるため最高額で車が売れる。

 

買取りのデメリット

複数の買取専門店等で査定を受ける必要があり、店舗を探したり足を運んだりする手間がかかる。

 

「下取り」と「買取り」の正しい使い方

売ろうとしている車が、人気車であればディーラーで下取りしてもらうより、買取り業者に売る方が有利になる場合が多いです。しかし、その場合でも必ず先にディーラーで査定してもらい、一応の査定額を知ってから買取業者に査定させる方がその差がはっきりと確認でき絶対損はしません。

 

買取りと下取り、どちらにもメリット・デメリットがありますが、車を少しでも高く買取ってもらうなら、やはり面倒でもできるだけ多くの査定してもらい金額を比較することが大切になります。
しかし何件も買取店を回るのはやはり面倒・・・。

 

そういった時に便利なのが、一回の申込みで数社の買取店へ査定依頼できる一括見積サービスです。